導入無料相談実施中
お気軽にお問合せください
導入についてお気軽にお問合せください 052-834-0355 導入無料相談フォームはこちらへ

確定拠出年金(401k)とは

更新日:

確定拠出年金は3階部分(私的年金)

年金には、自営業者も給与所得者も加入している、いわゆる1階部分の年金としての国民年金(基礎年金)と、サラリーマンや公務員等の給与所得者が加入している、2階部分と呼ばれる厚生年金があります。これらは公的年金とも呼ばれます。

 

確定拠出年金は、この国民年金や厚生年金とは別の、3階部分と呼ばれる私的年金です。

近年、医療技術の進歩とあいまって平均寿命が延びていく中、公的年金への不安等も叫ばれるようになり、私的年金は、高齢期により豊かな生活を送るための制度として、注目度を増してきているのです。

 

確定拠出年金の種類

確定拠出年金には、企業が従業員のために制度を用意する「企業型」と、確定拠出年金の制度がない企業の従業員や自営業者等が加入する「個人型」があります。

「企業型」の確定拠出年金では、企業のみが掛け金を負担するタイプと、企業と従業員の両方が掛け金を負担するタイプとがあります。

確定拠出年金が注目されるワケ

前述のように、公的年金への不安が増す中、私的年金への準備を検討する方が増えてきているようです。私的年金には、各保険会社が発売している個人年金保険等もありますが、確定拠出年金が注目されているのは、税制面で優遇されているという点があげられます。

また、確定拠出年金においては、掛け金の運用先を自分で決められると言う点も特徴の一つでしょう。

確定拠出年金のご相談は。。。

確定拠出年金制度は、企業(雇用主)にとっても、またそこで働く従業員の方にとっても様々なメリットのある制度です。導入したいけど方法がわからないと言う企業の方、また導入するべきかどうか悩んでいるという雇用主の方、是非お気軽に当センターまでご相談下さい。

Copyright© 企業型確定拠出年金相談センター(導入・コンサルティング) , 2020 All Rights Reserved.